命名で揉めたらどうする?最期の決め手にするもの

子供の命名は揉め事の原因に

子供が生まれるというのは誰もが嬉しく思うものですよね。その両親に限らず祖父母や親戚さえもその誕生を心から祝うでしょう。子供が生まれる前から名前はどうするのかということが話題に上がり、両親が決めかねていると多くの人が様々な提案をしてくれます。特に祖父母は協力的になってくれますが、それが助けになることもあれば、揉め事になってしまう場合もあります。自分の考えた名前を可愛い孫につけたいと考えるときもあるからです。

命名で揉めたら姓名判断

両親や祖父母といった親族間で命名に揉めてしまったときには第三者の言葉を入れるのが最も簡単な解決法です。その説得力のある方法として占い師に依頼して姓名判断を行ってもらうというものがあります。占いについては信じる人も信じない人もいますが、これから生まれる子供の人生がかかっているかもしれないと考えれば姓名判断の結果は納得して受け入れる傾向にあります。そういった客観的な視点からの意見を取り入れるのが揉め事の解決に有効なのdす。

やはり重要なのは血脈

親族内の揉め事だからこそ、親族内で解決するというのも良い方法の一つです。子や孫といった直接の関わりがあるからこそつい自分の主張を強く考えてしまいがちなので、もう少し血縁が離れた親族に仲裁を依頼するのが安心な解決策です。兄弟姉妹や叔父、叔母といった立場になると命名に参加できるほど近い血縁関係ではないと一歩引いた立場から仲裁をしてくれるでしょう。両親も祖父母も親族の立ち会いならと心を落ち着けるところもあり、比較的穏便に揉め事を解決することができます。

姓名判断に関しましてやはり今の時代は姓名の付け方によってその人の運命や人生が変わってしまいますので姓名の判断は大事です。