こどもが喜ぶおもちゃって?頭も良くなるおもちゃ選びとは

どんなおもちゃを選べばいいの?

自分の子供ならともかく、孫や親戚の子供にあげるプレゼントとなると、さっぱり分からなくなって、結局、本人に言われるままに買うなんてことも良くあります。でも、そうなると、たいていは流行りのキャラクターグッズだったり、ゲームだったり。本当は、もうちょっと頭の良くなるような、ためになるおもちゃってないのかな、と思っても、なかなか思いつかないものです。そういう時は、ロングセラーのおもちゃを探してみるのも手です。ずっと愛されつづけているおもちゃには、それなりの理由があるはずです。

シンプルなおもちゃは、成長しても長く遊べます。

ロングセラーのおもちゃは、シンプルなものである場合が多いです。たとえば、積木やブロックがおすすめですが、頭が良くなるおもちゃを選ぼうというのなら、普通の積木やブロックは、せいぜい3歳までで、赤ちゃんの知育には十分でも、それより年上の子供に贈る場合は、もう少し、難易度の高い、かつシンプルなおもちゃを選ぶといいかもしれません。ブロックでも、パーツがより小さいものや、積木の場合は、少し複雑な形で自由にビー玉の通る道を組み立てて遊ぶ、というものもあります。ドミノもシンプルなので工夫して楽しめます。これらは、赤ちゃんの頃に使った積木とも組み合わせて遊べるでしょうし、シンプルなゆえに、遊び方も自由自在で想像力も育ちます。

男の子には、電車のおもちゃも!

特に、男の子に人気なのが、電車のおもちゃですね。大型で、メロディーやライトがつくようなものもありますが、頭がよくなるおもちゃで選ぶなら、レールをつなげて、その上を走らせるタイプのものがおすすめ。だんだんと、部屋が散らかって、足の踏み場がなくなるかもしれませんが、そこは、お片付けの訓練もできると、プラスに考えましょう。このレールをつなげる作業ですが、大人でも実際にやってみると分かりますが、意外と頭を使うものです。毎日熱中しているうちに、子供はいつしか、頭の中でレイアウトを組み立てられるようになっていきます。

おもちゃの買取は、購入時の箱があるとより高値で買ってくれます。なかなかとっておくスペースを確保するのも難しいですが、最終的に売却する際は、箱キープがお勧めです。